のりさんの研究室

上越教育大学 榊原範久のブログです。

榊原研究室のHP

ゼミ生が研究室のホームページの運営をしています。

毎週の院生ゼミ・学部ゼミの活動の感想やその活動の写真が掲載されています。

彼らが協働の中で学ぶ様子が分かります。

 

 

sakakibara-lab.jimdofree.com

 

2年前、5名で始まった研究室ですが、今では21名になりました。

本当にゼミ生に恵まれていると思っています。

明るく、元気で、ふざけもあり、それでいてやる時はやる、メリハリのあるメンバーです。

 

本コースは教員ごとのゼミ生の定員を設けていません。

学生が希望するアドバイザーを選択することができます。

 

私は院生や学部生がゼミ選択をする時にこう言います。

「うちのゼミは厳しいよ。」

「研究を頑張るゼミだよ。」

「研修会、学会、論文、全部欲張ってやっていくよ。」

 

こう言う話をすると、多くの学生は、苦笑いをします。

 

しかし、中には真剣な表情になって、

「知っています。だから来ました。」

「もともと榊原ゼミの一択なので。」

 

と言う人がいます。そんな奇特?な人たちが集まったのが今の榊原ゼミです。

 

私は「協働」することの価値や効果を信じています。

仲間が切磋琢磨し合う環境をつくるため、頑張る仲間を肯定する文化と、学年問わず議論をクリティカルに行う文化を醸成しています。

その中でのゼミ生同士の「協働」によって生み出される研究活動はレベルが高いです。

もちろん、アドバイザーによる個人指導もしっかり行っています。

ゼミ生は週に一度、私と「個人ゼミ」を行う権利を持っています。希望制ですので、やるかやらないかは自由です。

 

ゼミ生が作る研究室のホームページを見ていると、彼らの充実具体が分かります。

もし、ゼミの活動に興味ある方は連絡をください。ゼミの見学や榊原との面談も行っています。連絡先は、上記のホームページにあります。

 

卒業研究発表会

学部4年生の卒業研究発表会が行われ、5名が発表しました。

 

先週、ゼミでリハーサルを行ってから一週間がたち、自主的に何度も集まって、リハーサルを繰り返し、修正を重ねたと聞きました。

 

今日の発表では、スライドの視覚的工夫や発表の態度が格段に良くなっていました。

やはりそのような主体的なメンバーの意識が集団を高めるのだと思います。

 

全体ゼミでも議論できるし、学年単位でも議論できる、院生とも議論できる、というどのような人たちとも関われて、学び合える、そんな雰囲気が今のゼミにはあります。

 

私の研究指導が優れているとは思いません。

しかし、ゼミの研究レベルは私が指導するより高いレベルに成長していると感じます。

これはなぜでしょう。

 

それは私が指導することは成長のきっかけの一つになっていますが、彼らがチームでお互いの課題を共有し、自分なりの答えを出して改善していくからではないかと感じます。

論文などもお互いにチェックしてコメントし合って修正していきます。

 

教員の役割はやはりゼミの文化を含めた「環境」を整えることだと感じます。

 

そんなことを言いながら、自分の研究指導力を高めていかなければと自戒します。

 

今日の発表会では、それぞれの研究に対する思いが凝縮された卒業研究発表になりました。
zoomでの参観でしたが、発表する姿を画面で見ながら感動しました。

また、学部2年生、3年生も活発に質疑応答に参加していて、聴く側の主体的な姿勢も見られました。

 

彼らは4月から小学校教員として社会に出ていきます。

これからも研究室で学んだ研究力・実践力を生かして、「学び続ける教師」であってほしいと思います。

 

【ゼミ生の卒業研究 発表題目】
・小学校国語科における意見文産出の際に書き分けを意識させる授業の開発と検討
・小学校高学年における SNS 上でのコミュニケーションスキルを醸成する授業の開発と評価
・話し合い活動におけるアサーショントレーニングを用いた 批判的思考態度の表出判断に関する研究
・児童の居場所づくりのために担任教諭が日常的に行っている働きかけについての事例的研究―担任教諭の参与観察を通して―
メタ認知的活動を促進する振り返りシートの開発 ―小学校高学年における振り返り活動の効果―

先輩からの置き土産

今月の学部ゼミでは、3年生による卒業研究に関する「問題の所在」の発表が行われています。


3年生は20本以上の論文を読み、自分のしたい研究のイメージをフォーカスさせる内容でプレゼンしています。

 

発表を聴いて、私としては3年生のこの時期なら満足いく内容だなあと、後でニコニコ聴いていたけれど、4年生は容赦なしです。


「参与観察するだけでこの課題は明らかにできるのか。」

「研究のX軸が複数入っているかな。」

「〇〇の定義が述べられてないから議論できない。」

とバッサリ。

なんだか自分の院生時代の姿が重なります(^◇^;)

 

ゼミでは

「議論はクリティカルな姿勢で。ゼミが終わったらきれいさっぱり」

を言い聞かせています。

 

上のような発言が出ても決して険悪な雰囲気にはなりません。

 

「個人」を批判しているのではなく、あくまで個人の「論」を批判的に捉えて議論するという前提をいつも指導しています。

 

この「クリティカル」という言葉はよく間違えて捉えられます。

日本語で言う「批判的」、ネガティブで攻撃的なイメージで考えていません。

自分の意見にも反省的な思考を向け、根拠を重視しているか、推論の過程は正しいか、その上で相手の意見の問題点を指摘することが「クリティカルな思考」だとしています。

Ennis(1987)*のクリティカル・シンキング(批判的思考)の定義から引用しています。

 

4年生の5人は卒論を完成させ、うち3人は大学の紀要論文を投稿しています。
これまで身につけた研究の力をゼミに置き土産のように、残していってくれているようです。


また、今日の収穫は2年生の発言が増えてきたこと。

今年度のゼミはあとわずかですが、最後まで先輩から多くを得てもらいたいです。

 

*Ennis,R.H.(1987) A Taxonomy of Critical Thinking Dispositions and Abilities. In J.B. Baron & R.J. Sternberg (Eds.),Teaching Thinking Skills : Theory and Practice. W.H.Freeman and Company, New York,pp.9-26.

学校支援プロジェクト 遠隔授業実践

学校支援プロジェクトがいよいよ終わりに近づいてきました。

 

学校支援プロジェクトとは,上越教育大学の教職大学院が行っている学校実習の名称です。

院生たちは後期の150時間を連携協力校で実践を行います。

www.juen.ac.jp

 

榊原研究室で、院生たちに与えているミッションは、

「学校課題の解決の過程を通じて,教員として必要な資質・能力を身につけ,授業実践の中で個人研究を行う。」

ことです。

 

今日は「遠隔協調学習」を個人研究のテーマにしているM2のゼミ生が授業実践を行いました。

 

さて、「遠隔学習」を体験したことがありますか。

遠隔学習は教員の立場からしても、子どもの立場からしてもハードルは高いです。

文科省は遠隔学習を推奨していますが、学校現場でどんどん拡がっているかというと、そうではありません。

それはなぜでしょう。


私は実践経験者と研究者の両方の立場から、テレビ会議システムのみを使用した遠隔には限界があると思っています。

 

過去のテレビ会議システムのみを使用した失敗実践を挙げると
・代表者が前に出てきて発表

    ↓

・少しの沈黙の後、相手校の代表者が質問

    ↓

・また少しの沈黙の後、こちら側で誰が発表するかコソコソなすり付け合い

    ↓

・ようやく決まり、起立して小さめの声の返答

    ↓

・そして、理解されていないであろう相手校からとりあえずの『ありがとうございました』」

このような具合です。想像できますよね。

 

「ぎこちないキャッチボール」のような遠隔を解消するため、今回は、一人一台のタブレット端末を同期型のシステムで繋いで、遠隔協調学習を行いました。

2校の児童のタブレット画面は常に同期されています。

 

5年生算数の面積の単元での実践です。
2校の児童はタブレット上に四角形の面積を様々な解法で求積していきます。そして、友達の解法を相互に参照し、より優れた解法を学んでいきます。途中わからないことがあれば、テレビ会議システムを介して、相互に質問し合っていました。


今回で3回目の遠隔というのもあり、だいぶ心の壁がなくなって、まるで一つの教室で学んでいるようでした。

 

相手校は、ひとクラス4名の小規模校です。

幼少の頃から固定されたメンバーでずっと学習してきたという話を聞きました。

今日の遠隔協調学習では、学校の枠を超えて、学び合う姿がありました。

 

今日の授業者はゼミのM2院生です。これで遠隔授業実践は5回目です。

GIGAスクール構想の時代ですから、こんな実践経験をして、現場に出ていくっていうのもいいなと思いながら、後ろから微笑ましく参観していました。

f:id:sakakibarano:20201211172649j:plain

 

教員採用試験

教員採用試験の一次試験がありました。

「試験、終わりました。」と、院生・学生らが研究室を訪ねにきました。

出来栄えの感触は、それぞれなようでした。

それでもみんな共通していたのは、晴れやかな表情であったこと。

きっと教採のこの日まで、膨大な時間を使い、努力を重ねてきたんだろうと思います。

 

「これで落ちたらしょうがない。後悔はないです」

こんな言葉も聞きました。やり切った自負があるのが素晴らしいです。

 

試験対策とは言え、勉強に対してここまでやり切った経験があるというのは、今後教員となっていく院生・学生にとって貴重な経験であると思います。

 

「人事を尽くして天命を待つ」

良い結果が届くことを願っています。

 

いくつかの自治体の試験問題を見ました。

内容が以前より難しくなったという自治体はないように感じました。

また、問題数が減少している自治体もありました。

そして、もともと、今回のコロナ禍によって、一次の実技等の試験項目が削減された分、ペーパー試験が増加するかとも思っていました。

 

しかし、私が見た試験問題にはそのような動きはなかったです(全国の自治体の問題を見たわけではないので確かなことは言えませんが)。

 

近年、全国的に教員採用試験の倍率が低下していることがニュースになります。

受験生が少ないのであれば、一次のペーパー試験のみで不合格とすることは、「よりよい」新任教員の採用に弊害になると思います。

 

もちろん、一定以上の知識量は教師として必要であると思います。 

それでも知識を持っているだけでは乗り越えられないのが教員という職業です。

逆に、知識が多少なくとも、コミュニケーション力や向上心、バランス感覚、情熱、使命感などがあれば、なんとか務まりますし、そのような力を持っている人は教員生活を送りながら成長していけると思います。

教育委員会自体も一次試験のペーパーテストの配点を再検討していくのではないかと考えてしまいました。

 

二次試験は主に個人面接、集団面接、模擬授業等が予定されます。

・面接で評価されるのはあなたの「人となり」

受験者の「人となり」が教員として適正があるかを評価して選考するのが面接試験です。

 

また、私がもし試験官の立場ならば、

・自分の学校にその新任に来てほしいか

・初年度に学級担任を持たせられる資質・能力があるか

この点は考えながら、採点項目を精査して評価をつけていくと思います。

 

来週から、院生・学生たちから面接指導の依頼を受けています。

教職大学院の教員の仕事は多様です。

「教員採用試験面接完全攻略!」のようなハウツー本を2冊読みました笑。

皆さんの合格に繋がりますように。

 

小学校の新しい教科書

令和2年度から、新しい学習指導要領の全面実施に伴い、小学校では新しい教科書が使用されています。

昨年度と本年度の新旧小学校社会科教科書を3社分揃えて、その変化を院生ゼミの時間に検証していきました。

 

「つまらなさそー」という声が聞こえてきそうですが、全員社会科なので、多分、大丈夫。

 

f:id:sakakibarano:20200614212522j:plain

新旧の小学校社会科教科書


教科書会社で度合いは異なりますが、今回の改定で学習指導要領を具現化すべく大きな変化を見せた教科書もあります。一方で保守的で、変化の少ないものもあります。

 

今回の狙いとしては、学習指導要領の改定に合わせて、実際に教科書がどのように変化したのか。そして、その教科書を用いて行う授業デザインはどう変化していくべきなのかを院生達に実感を持って考えて欲しいというのがあります。


検討するための視点として以下の3点を挙げました。
①マクロな視点(コンセプトや様式)の変化
②ミクロな視点(単元や一つの社会的事象の扱い)の変化
③学習指導要領の文脈との関連


今日はゼミは対面とオンラインのハイブリッド式なので、アナログのホワイトボードが使えません。また、近距離で対話が発生することは避けなければならないので、Google jamboardを使用しました。

 

Google jamboardについて 引用:Googleの関連サイト)

edu.google.com

 

オンラインで講義やゼミをするようになってから、zoomなどのビデオ会議ツールと併用して、Google jamboardにお世話になるようになりました。

主な使用法としてはは、同期したメンバーで自分の意見を付箋形式で貼っていき、それを共有します。今回は、ホワイトボードの背景に①〜③の視点を表にしたものを用いています。その上に付箋を貼っていきます。思考ツールなどの上に付箋を貼っていくイメージです。

付箋の色は、あらかじめ決めてもいいし、参加者に任せてもいいです。

付箋の色の指定を任せると個性が出ます。今回は各グループで付箋の色の意味は任せて行っています。

 

下のboardは3人で作成したものです。作成後、ワールドカフェ形式で共有しました。

f:id:sakakibarano:20200614212558j:plain

ゼミ生がまとめたGoogle jamboard

(内容を伝えたいところですが、氏名が掲載されているためぼかしています)


たくさんの変化が見つかりました。
大切なのは、その変化の指す意味です。なぜそのような変化があり、何ができるようになることを求めているのか。
比べてみるといろんなことが見えてきます。


一部ですが、変化した点です(変化の大きな教科書について)
・探究的な学習問題の提示
・社会科の見方・考え方を重視した内容
・一問一答から、答えのない問いへ
・登場人物を主語にした記述の増加
・拡大された図表
・資料の読み取り方の特集ページ
・UDフォントへの変化

・子ども達が話し合いをしている写真多い
・余白スペースの増加
QRコードの利用
・6年生で公民分野の移動と増量
・用語など習得する知識量は微増
・どのように学ぶか、学び方の特集ページ
・思考ツールの活用

 

新しい学習指導要領の内容がどのように具現化されているかを実感する時間となりました。

 

新旧の学習指導要領を比較するより、新旧教科書を比較する方が、具体的な授業イメージが湧きやすいですね。

新入生オリエンテーション

上越高田の桜はいつもと変わらず見頃を迎えています。

 

普段であれば、この満開の桜に迎えられ、歓迎ムード一色で開かれる入学式やオリエンテーションです。

しかし、新型コロナウイルスの影響で、今年度の入学式は中止。オリエンテーションのみ行い、その後2週間の休校期間に入ります。

 

全員がマスクをつけ、隣と会話ができないほどの広い間隔をあけ、いわゆるソーシャルディスタンスを確保して実施しました。窓は全開で、時より冷たい風が教室を通り抜けていきました。

 

マスクをつけていて新入生たちの表情ははっきりとはわかりませんでしたが、例年の4月の明るい雰囲気とは違い、重い印象を受けました。

 

気分が晴れないのは仕方ないです。自粛が続く非常事態ですから。

大切なことは感染の拡大を防ぎ、みんなが健康でいられるようにお互いが我慢する時です。

 

しかし、教員の立場として、その雰囲気に合わせて、こちらも暗く、重い空気を醸し出していては、新入生に申し訳ないと思います。

彼らは大学院へ進学し、この4月のスタートに大きな期待を寄せていたに違いありません。

 

この状況下でも、ゼミはオンラインで進行中です。

ゼミ生とは個人対応も電話やオンラインで行っています。

適度な緊張感もあり、学生からは好評です。

「学びを止めないこと」

この状況下で、できる限りの取り組みを模索し、実行していきます。

 

新入生の皆さんにも、コースのアドバイザーたちの連絡先が配られました。

自分の学びたい分野のアドバイザー、興味のあるアドバイザーと連絡できるように、ガイダンスで連絡がありました。

面識もないため、ハードルは高いと思いますが、新入生たちが動き出せるようこれからも支援していきます。